未分類

オウム死刑執行なぜいま?隠された政治的裏側、死刑された4人の名前

ついに死刑執行された麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚ですが、なぜ今このタイミングだったのでしょうか?

これには政治的裏側があるようです。

死刑執行された隠された裏側と死刑執行された4人、残りの死刑執行者の名前一覧です。

オウム裁判の終結の3つの裏側

  • オウム裁判終結

1つはオウム裁判が終結したことです。

1月に高橋死刑囚の事件の裁判が終わったことにより、事件に関与する死刑囚らを裁判に出廷させる日必要がなくなったこともあります。

  • 国家的イベントへの影響

日本では今政治問題から大学の賄賂、スポーツ問題など様々な悪いニュースが続いています。

さらに来年は年号が変わるなど、いろいろな変化が起こります。

また来年にはラグビーの大会や東京オリンピックなどが開催される中で、またオウム真理教を崇拝する団体らが事件を起こす前に取られた措置とも考えられます。

その前に終わせようという目的があります。

  • 120人超の死刑囚

この地下鉄サリン事件には120人も超える死刑囚がいるとされています。

1日1人死刑執行していては、時間も労力もかかることが考えられます。

死刑執行された4人の名前

松本智津夫

井上嘉浩

中川智正

早川紀代秀

残りの死刑確定者の名前

土屋正実

遠藤誠一

新実智光

豊田亨

林泰男

広瀬健一

横山真人

端本悟

岡崎一明