トレンド

コンフィデンスマンJP第7話前田敦子さんがサプライズゲスト出演

5月21日(月)放送のコンフィデンスマンJPは家族編では竜雷太さんがゲスト出演します。

さらに今回はサプライズゲストとしてあっちゃんこと前田敦子さんと中尾明慶さんがサプライズ出演をします。

 

ゲストは竜雷太さんが演じるのは、鎌倉に住む資産家で現在闘病中の与論要造(よろん・ようぞう)です。
与論は、長男の祐弥(ゆうや/岡田義徳)、長女の弥栄(やえ/桜井ユキ)、そしてお手伝いの須間聡子(すま・さとこ/阿南敦子)と共に暮らしています。
与論は一見、上品な好々爺といった印象ですが、若いころは違法すれすれの株式操作で荒稼ぎした経済ヤクザで、金もうけや女性にしか興味がなかった男です。

とあるバーで、矢島理花(やじま・りか/佐津川愛美)という女性から財布をすられそうになるリチャード(小日向文世)。
天涯孤独で、夜の仕事を転々としスリにまで手を出すようになった理花に対し、リチャードはまっとうに生きるよう何度も説得しましたが、彼女は結局、捕まってしまい刑務所に服役してしまいます。

理花が出所するまで彼女の家財道具を預かることにしたリチャードは、やむなくそれらをダー子(長澤まさみ)の部屋へ。
不満をもらしながらも、金目のものを物色するダー子は、理花の母親の遺品から、10億円の資産を子供の誰かに譲るという与論からの手紙を見つけます。
五十嵐(小手伸也)の調べによれば、理花は与論が愛人に産ませた子供のため、幼いころに血のつながっていない母親や、きょうだいの祐弥、弥栄からひどいいじめを受けており、10歳の時に与論の元を離れたとのこと。

ダー子は、刑務所の理花を訪ね、彼女が与論家を飛び出して以来、18年もの間、与論に全く連絡を取っていないことを確認すると、理花になりすまし、与論の10億円の資産を狙うことに。
しかし、突然現れた理花に祐弥と弥栄は疑いの目を向けます。
祐弥と弥栄から、資産狙いであることを疑われ、DNA鑑定まで求められるダー子。
彼女がどのように窮地を脱し、与論の資産を手に入れようとするのか、是非注目して下さい。
引用:フジテレビ公式

あらすじを見る限りでは、どの部分で前田敦子さんと中尾明彦さんが出演するかは分かりませんが、きっと毎度のことながら面白いところでサプライス出演をしてくれるはずだと期待しましょう。

因みに余談ですが前田敦子さんが以前属していたAKB48グループの楽曲で「涙サプライズ」というものがあります。
AKB48が特段好きというわけでは無いのですが、あの曲はなんか好きです。
前田敦子×サプライズ出演にかけて、ドラマのどこかで「涙サプライズ」の楽曲が使われたりしたら、あっちゃんファンは歓喜かもしれません。

毎回ゲストが変わるコンフィデンスマンJP、最近「月9は面白くない」などと言われていますが、今回の月9は大当たりのようです。

ドラマのクールは3カ月なので、6月を目途にこのドラマも終了すると思いますが、どのような結末を迎えるのかが楽しみです。
きっと、良い意味で私たちを騙してくれることでしょう。

コンフィデンスマンJPをもう1度見たい方はこちらからどうぞ。

FODプレミアム
【31日間無料】コンフィデンスマンJPはこちら
コンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンJPの関連記事

コンフィデンスマンJPでボクちゃん演じる東出昌大にノックアウト

コンフィデンスマンJP天才特殊造形師ジョージを演じる山田孝之の登場にツイッターは爆笑の嵐