生活

トイレが近すぎる私をバカにするのはもうやめて。

さっきトイレに行ったばかりなのに、また漏れそうだ!

どうもこんにちは、ちゃんころです。

実は私、子供の頃からトイレが近くて近くて、2時間に1回は水分を摂ろうが摂らなかろうがトイレに行くほどとにかくトイレが近いんです。

頻繁にトイレに行きたくなるので、遠出する際には出発前には必ずトイレに2回は行きますし、出先でもまずトイレがどこにあるのかチェックするのが習慣になっています。

トイレが近い原因

トイレがアホみたいに近い原因を私なりに考えてまとめた結果がこちら。

・膀胱が小さい

・水分を多く摂取する傾向がある

・トイレを我慢する筋肉が弱い

・膀胱が小さい
これはもう間違いないはず。私は他の人に比べて膀胱が小さいのだ。

そもそも膀胱には尿が漏れ出ないよう一時的にためる働き(蓄尿機能)と、ある程度の尿がたまると尿意を感じ尿を排出する働き(排尿機能)がある。

つまり膀胱には一定量の尿を貯めることができるのが、溢れそうになると身体が「もう膀胱にこう以上貯めれないので出して下さいねー」と指令が飛び、それが尿意となって私たちは「あ、トイレ行きたい」と感じると言うこと。

ようは膀胱はダムみたいなものだ。
そしてこのダムは人によって貯水できる量が違う。
成人の平均は500ml前後と言われているが、これは人によってマチマチで250ml前後しか貯められないひともいれば600ml近くも貯水できるひともいる。

私は間違いなく250mlのほうだ。確信できる。

・水分を多く摂取する傾向がある
間違いなく、これも当てはまる。私は幼少期からひとよりも水分を多く摂っていた。

喉が少しでも乾くことに違和感を感じてしまい、寝る前は長時間水分を摂らないことが事前に分かっているので、本能的になのかとりあえず喉が渇いていなくても水分を摂る習慣がある。

なので夜中、必ず1回はトイレに起きる。
ただどうしても起きるのが嫌で朝方まで我慢することがあるが、その時の朝一のお小水の噴射の勢いは半端ない。
寝室にいる旦那の耳にも届くほどの勢いがある。

・トイレを我慢する筋肉が弱い
きっと尿を体外に出すのを防ぐ筋肉があると思うのだが、それが人よりも弱いのではないか。
なので調べてみた。

どうやら尿道には外尿道括約筋(横紋筋)と言って、自分の意志で尿の排水を止める筋肉があるのだそう。
これが弱いと、尿を止めることができない。
子供がよくおねしょをしてしまうのは、膀胱がまだ小さい上にこの外尿道括約筋が弱いことが関係している。

私の外尿道括約筋は子供の頃から成長することなく、体格だけ大きい大人になってしまったようです。

トイレが近いことで起こる悲劇

トイレが近い、つまり頻尿であることで生活面で困ることも多々。

・トイレに行きすぎて仕事をサボっていると思われる

・デート中頻繁にトイレに行くので相手に申し訳ない

・常に頭の中がトイレのことでいっぱい

・トイレに行きすぎて仕事をサボっていると思われる
「またあいつトイレ行ってるよ」「何回トイレ行くんだよ」実際こんな言葉をかけられたことはないが、間違いなく思わているはず。
なぜなら実際自分が逆の立場だったら間違いなくそう思うはずだ。

しょうがないじゃない。生理現象なんだから。
それともあれですか?トイレ我慢してここでお漏らししても良いって言うんですか?
その度に下着替えろって言うんですか?
何枚下着持ってくればよいんですか?それって経費で落ちますか?

・デート中頻繁にトイレに行くので相手に申し訳ない
これもね、気が知れた男友達ならまだしも、初対面の人とか憧れの上司とデートってときにトイレばっか行くのはやっぱり相手に申し訳ないよね。

男性がトイレに行くタイミングでは間違いなく自分もトイレに行くし、煙草吸いに行ったりしたら間違いなくトイレ行くよね。

・常に頭の中がトイレのことでいっぱい
とにかくエブリデ、ト・イ・レ!なんです頭の中は。
トイレの近さに困っていないひとには理解できないでしょうけども、トイレ近いひとって実は苦労してるんですよ。

トイレが近い=腎臓が強い

でもね、トイレが近いって言うことは、つまり腎臓が強いってことでもあるんですよ。
摂取した水分がしっかり排出されているということは、腎臓がしっかり機能しているからこそ!

尿を排出する際に体内の不要なアンモニアも一緒に排出されるんですが、(これが尿が黄色い理由)、腎臓が弱っていると不要なアンモニアが体外に排出されず、黄疸(おうだん)と言う病気の原因にもなるんです。

トイレが近い=人よりも腎臓が強いってことだから自身持ってわたし!

尿漏れ、残尿感をなんとかしたい!

とは言え頻繁に尿漏れを繰り返したり、おしっこしてもなんとなく出し切れていなくてムズムズする場合もありますよね。

特に40代以上の場合は尿漏れや残尿感、夜間尿と言った症状が出始める頃。
かと言ってオムツを履くような生活はなるべく避けたい!

であれば、【生漢煎 八味地黄丸】がおすすめ。

「生漢煎 八味地黄丸」(はちみじおうがん)は中高年の方の体力の衰えや、老化による腰痛、残尿感、夜間頻尿、軽い尿漏れなどによく効きます。

8種類の生薬末をハチミツで練り合わせた丸剤で、独特な香味を持ち大変のみやすくなっています。
漢方独特の苦さが苦手な方も継続して飲むことができますよ。

【生漢煎 八味地黄丸】の購入はこちら