未分類

日焼け止めの効果が全く得られない塗り方

日焼け止めはただ塗れば良いというわけではありません。

正しく塗らなければ、せっかくSPF・PA値ともに国内最高表示基準値であるSPF50+・PA++++を使用していても効果は半減してしまいます。

しっかりと紫外線対策をする為にも、正しい日焼け止めの塗り方を覚えておきましょう。

日焼け止めの正しい塗り方(顔)

顔は他のパーツと違い、小鼻のくぼみや目のしたなど凹凸が多く丁寧に塗らないとムラ塗りになってしまいます。

ムラ塗りを防ぐために大切なのが5点置きです。

  • 額中央
  • 両頬

この5箇所に日焼け止めを置いてから、伸ばしていきます。

 

  1. 1円玉ほどの日焼け止めを手に出します
  2. 5箇所に均等に日焼け止めを塗ります
  3. 顔の内側から外側に向けて優しく円を描くように薄く塗り伸ばします
  4. 最後は手のひらでしっかり全体を多い馴染ませます