トレンド

楽天でんわ5分かけ放題が10分かけ放題にグレードアップ!楽天モバイル

ちょ、まじかー。昨日楽天モバイルからドコモに乗り換えるのにMNP予約番号発行したばかりなんですけど。

あれかな?嫌がらせかな?
タイミング良すぎじゃない?
ポートアウト抑止の施策ですか??

ひとまずドコモへの乗り換えは一旦保留。

楽天でんわ10分かけ放題開始

2018年7月1日より楽天でんわ5分かけ放題が月額料金は変わらず、倍の10分かけ放題にサービス内容を変更します。

以下、楽天モバイルより来たお知らせの一部。

2018/6/15
楽天モバイル カスタマーセンター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7/1より、「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」をご利用いただけます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

────────────────────────────────────
このメールは、「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」をご利用中のお客様を
対象にお送りいたしております。
※お心あたりの無い場合は、楽天モバイルカスタマーセンターまでご連絡ください。
────────────────────────────────────

平素は楽天モバイルをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様から多く寄せられたご要望にお応えするため、2018年7月1日(日)0:00から、「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」は「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」へ一段とサービスをアップグレードいたします。

今まで「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」をご利用いただいていたすべてのお客様は、2018年7月1日(日)0:00以降の通話から「楽天でんわ10分かけ放題 by楽天モバイル」をご利用いただけます。

お客様で設定変更などのお手続きは必要ございません。また、月額基本料も変更ございません。

詳細は、後日楽天モバイルのホームページに掲載いたします。

今後とも楽天モバイルをよろしくお願いいたします。

※「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」は、通話終了が2018年7月1日(日)0:00以降となる通話から適用いたします。

携帯キャリア事業に2019年より参入予定の楽天モバイルが、既存の携帯キャリア事業を展開している、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクよりも一足早く10分かけ放題枠をスタートさせる形になりました。

大手3社もかけ放題サービスはあるけど、24時間かけ放題2,700円もしくは5分かけ放題1,700円の2種類のみ。

携帯キャリア事業に参入したところで勝算が無いと言われている楽天モバイル。

どこかで仕掛けてくるとは思っていましたが、やはり顧客満足度に直結しやすい料金サービスから仕掛けてきたようです。

10分かけ放題はUQモバイルも既にサービス展開しており、格安SIM事業はいくつか既に始めているサービス。

5分だと超えてしまわないか、通話しながらちょこちょこ通話時間を気にしていたユーザーにとっては有難いサービスですよね。

私も普段の電話では要件だけちゃちゃっと話して終わってしまうタイプなので、5分以上通話することはあまりないのですが、美容院とか企業に電話すると保留にされることがよくあり、その保留時間が意外と時間取られちゃったりするんですよね(-_-;)

しかも今回は月額料金850円で金額は変わらず、通話無料時間が単純に倍になったことを考えると、まさにユーザーファーストのサービスなのではないでしょうか。

ドコモ端末ならそのまま楽天モバイルに移行可能

現時点では楽天モバイルも独自の基地局を持っていないので、大手3キャリアとは違いMNOと言われる、いわゆる格安SIM事業の仲間です。

格安SIMと聞くと「基本料金は安くなるんだろうけど、手続きが複雑そう」「格安SIMを利用するにはSIMフリー化した携帯=端末じゃないと使えないって聞くけど、そもそもSIMフリー化ってなに?」と頭に「??」がたくさん浮かんでしまいますよね。

実際は何も難しいことはなく、もし今利用されている携帯端末がドコモで購入した物であれば、今使用している端末はそのまま使え、契約だけでドコモから楽天モバイルに切り替わるだけなんです。

と言うのも、格安SIM事業は大手3キャリアのような独自で電波を持っておらず、電波をその3キャリアのどこかから借りているんです。

独自で基地局を持つとその分経費もかかるわけですが、格安SIM事業にはその経費は発生しません。

その浮いた経費分を基本料金を安くすることにできるのが格安SIM事業の強みなんです。

格安SIM事業によって借りている電波が違い、同じ電波を使用している格安SIM事業への乗り換えであれば、そもそもSIMフリー化にする必要性も無いんです。

つまり楽天モバイルはドコモの電波を借りているため、ドコモの端末を持っていればSIMフリー化せずとも楽天モバイルへ乗り換えできてしまうんです。

因みに格安SIMで人気どころだと、UQモバイルやマイネオがありますが、この2つはKDDIの基地局を利用しているので、auのスマホを使っている方はそのまま乗り換えOKです。

楽天モバイルにしたら安くなるの?

大手キャリアの基本料金の平均が1台辺り7,500円と言われていますが、楽天モバイルはどうなんでしょう?

なんと楽天モバイルの場合、月額1,480円~スマホを持つことが可能です!
大手キャリアと比べると6,020円も安く、年間で72,240円もコストが下がる計算です。

旅行に行けちゃう。。。

しかも普段、楽天市場で買い物をしている方は、購入額に応じてランク付けされているのですが、このランクがダイヤモンド会員の方は、月額1,480ではなく月額980円(1年間)持つことが可能なんです。

1,000円以内でスマホが持てるってちょっと信じられませんよね。でも本当です!

でも1,480円~ってことは、通話した場合にはその都度通話料金がかかったり、全然データ通信ができずすぐに制限かかっちゃうんじゃないの?って思いませんか?

私なら思います。

でも違うんです。

この1,480円には通話10分かけ放題とデータ通信料2GBまで使用可能なんです。

このサービス内容でドコモの場合だと、

カケホーダイ(通話24時間無料)2,700円+データSパック(2GB)3,500円+spモード300円=6,500円

あるいは

カケホーダイライト(通話5間無料)1,700円+データSパック(2GB)3,500円+spモード300円=5,500円

が近しいものになります。

楽天モバイルだと1,480円。
ドコモだと6,500円or5,500円。

これ以上説明はいりませんよね。

楽天モバイルでも2GB以上の料金プランはいくつかありますので、詳細は楽天モバイル|スーパーホーダイ料金プラン一覧から確認できます。

楽天モバイルへの申し込み方法

楽天モバイルへの乗り換えはネットもしくは楽天モバイルショップからの受付となっています。
ただし楽天モバイルショップは大手のようにあまり数が多くないため、ネットからの受付の方が簡単でおすすめです!

楽天モバイルへの乗り換えはこちら


しかも今なら楽天モバイルの携帯端末が最大4万以上安くなる楽天スーパーセールも開催中!
ドコモの端末も持っていないし、SIMフリー化した端末を持っていない方でも楽天モバイルに乗り換えできる大チャンス!

毎月固定でかかる通信費は1日でも早いに越したことはありませんよね?

この機会をお見逃しなく~!