未分類

紫外線はUVA・UVBそれぞれが肌に与えるダメージの違い

Pocket

肌の奥までじわじわとダメージを与え、シワやたるみの原因となるUVA(紫外線A波)と、表皮に影響を与えてシミやそばかすの原因となるUVB(紫外線B波)があります。

日焼け止めを購入するとSPF50+・PA++++なんて表示をよく目にすることがあるかと思いますが、SPFはUVB、PA値はUVAをブロックする役割を持っています。

UVA(紫外線A波)の特徴

長時間UVAを肌が浴びることで、シワやたるみを引き起こします。
特にUVAは透過力(物体を通り抜ける力)が強いため、太陽が雲に隠れていたり、日陰にいても物体を貫通します。
曇りの日でも部屋にいても日焼け止めを塗るように言われるのはこの為です。

紫外線がオゾン層を抜けて地上に降り注ぐ95%がこのUVAと言われています。

UVB(紫外線B波)の特徴

肌の奥まで入り込むUVAと違い、UVBは表皮に影響を与えてシミやそばかすの原因を作ります。
日焼けの原因となるUVAと違い、UVBは長時間紫外線を吸収することで皮膚がんの危険性も訴えられています。

昨今のオゾン層に破壊により、現状では紫外線の9割以上をUVAが占めていますが、今後はUVBが占める割合が必ず増えてきます。

近い将来、皮膚がんの患者が増えると警鐘を鳴らされているのはこの為です。