ブライダル

結婚式費用の抑え方!予算よりも90万節約した簡単なテクニック

結婚式費用はなるべく抑えたけど、あれこれ妥協し過ぎて安っぽい結婚式にはしたくないですよね。
ただあれこれやりたいことだけを要求すると、とんでもないオプション料金が請求されてしまう可能性も・・・
ここでは実際に行った結婚式の費用を無理なく抑える方法を経験者の方々の意見を参考にまとめまてみました。

事前見積りは敢えてオプションを多く盛る

意外かもしれませんが、ここはとっても重要なポイントです。
ブライダルフェアに参加すると、式場の方が予算を聞いた上で見積書を作成してくれるのですが、この最初の見積書には本当に基本的な内容のもの・もしくは最低限のランクで組まれているんです。

例えば料理などもいくつかの料金設定があるのですが、この見積書に組み込まれているコースはその中でも一番下のコースと言うのことがよくあります。

その見積書で契約をしてしまうと、その後の打ち合わせ等で料理のコース料金表を見せられ、実際にはそれよりも2ランク上のコースを選ばざるおえなくなるような状況に持っていかれてしまい、結果的に最初の予算よりも高く付いてしまうのです。

また料理だけでなく、メインテーブルに置かれる花や引き出物、ドレスや撮影料等、全て基本コースの予算で組まるていることがほとんどです。

これを知らずに予算を伝えた上で全て基本コースで契約してしまう方が多く、自分の理想の結婚式を挙げるために結果的に最初の予算よりも多くかかってしまうのです。

なので最初の見積もりの時点では、実際に自分が頼むであろうランクの1つもしくは2つ上くらいのコースで契約しましょう。
また実際にはまだやるかどうか決めていないオプションも、ひとまず見積りに入れておいてもらいます。
招待人数も予定よりも20人ほど多めに伝えることも予算を下げるポイントになります。

予算よりも150万ほど高い見積書を作成してもらう

そうすることで最初に提示した予算よりもはるかに高い金額になっているかと思いますが、ここが重要なポイントです。
予算よりもはるかに超えた金額のままだと契約をしてくれない可能性があるため、式場の方が値引きをしてくれます。
なんとか予算に近い金額まで持っていってくれます。
できれば予算よりも+50万ほどまでさげれたら尚最高!

契約後の打ち合わせの中で、実際の招待人数への訂正や不要なオプションを辞めることで契約した見積よりもさらにさげることができます。

特に招待人数は料理の金額に関わってきます。
例として招待人数は60人の予定ですが、見積りでは敢えて80名と20名ほど多く伝えます。
また実際は1.5万円の料理コースにするところを敢えて2万円のコースと伝えます。
すると最初の見積もりでは80名×2万円=160万円になっていますが、本来の招待人数だと60名、さらに料理コースは1.5万円ですので、90万となります。

つまり最初の見積もりの160万円-90万円=70万もさげることができるのです。

料理の料金は結婚式費用の大きな割合を占めていますので、これを事前にやるかやらないかで大きな差が出てきます!

日取りは大安に拘らない

結婚式の費用を左右するのが六輝と言われる日取りです。
六輝には先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つがあり、大安が一番良い日取りとされています。
この六輝にはそれぞれ意味があり、大安は「何事もうまくいく。」とされています。
六輝カレンダー 出典:ゼクシィ

なので昔の人は結婚式や何か大きなイベント時には好んでこの大安に結婚式を挙げることを好んでいましたが、その分人気が集中するため式場も金額を上げています。
さらに土日の大安は大変人気のため、1年以上前から予約しておかないと式場を押さえておくこと自体難しいことも。

とは言え、あくまで言い伝えのため両親や親族が絶対大安でないとだめ!なのでNGが出ていない限りはそれ以外のところで決めた方が良いです。

また六輝の中では仏滅が一番日取りが良くないため、気にしない方はこの日に結婚式を挙げるとピーク時の大安と比べても2,30万ほど安く結婚式を挙げることができます。

昔は六輝が記載されたカレンダーがありましたが、今はほとんど目にすることはなくなりましたよね。
それだけ以前より世の中が六輝を気にしなくなったということです。

ところどころに手作りグッズを入れる

全てを業者に頼んでしまうと、準備は楽かもしれませんがその分も予算も高くつきます。
無理のない範囲、できるところは手作りDIYなどでオリジナル感を作っていくこともポイントです。

例えばお見送りの際のプチギフトや招待状の宛名書き等も、招待人数が50名程度であればわざわざ業者に頼まずとも自分達で作ったほうがコスパも良いですし、何より手作りしたものは暖かみが感じられます。

私はこの方法を駆使し、予算よりも90万ほど結婚式費用を下げることに成功しました。
もちろん結婚式のレベルは下げずに理想通りの式に仕上がったので、来てくれた人たちも『とても素敵な結婚式だった』と喜んでくれました。

・予算よりも高い見積書を作成してもらう
・日取りに拘らない
・手作りアイテムの活用

特に予算よりも高い見積書をもらうことが、予算を大きく下げるのにとても大きなポイントになります。
この知識があるだけで、同等の結婚式を挙げたカップルがいたとしても、金額にはかなりの差が出てきます。

これからブライダルフェアに参加を考えている方は是非この情報を踏まえた上で挑んできて下さいね。

ブライダルフェアの予約はこちら

ゼクシィ
WEBからのネット予約で最大40,000円部のJCBギフトカード
1件の予約&見学or参加で5,000円分
2件の予約&見学or参加で30,000円分
3件以上の予約&見学or参加で40,000円分
期間:2018年6月22日までにエントリー、6月30日まで見学or参加した方が対象

 

マイナビウエディング
WEBからのネット予約で最大35,000円分の電子ギフトマネー
1会場で15,000円分
2会場で25,000円分
3会場で35,000円分
期間:2018年6月28日までにエントリー、7月18日までに参加・正式応募した方が対象

式場を全て変えれば2サイトからのWEB予約も特典対象になるので、併せて75,000円分をゲットすることもでき、めちゃくちゃお得なイベントになっています!