トレンド

銀魂2ネタバレ~掟は破るためにこそある~

本日8月17日に銀魂2~掟は破るためにこそある~が公開され、早速朝一で見てきました!

ほぼほぼ笑いで占められているこの映画ですが、ラストのほうで少し涙ぐんでしまうところもありました。

今回はその内容を個人的主観を織り交ぜながらまとめましたので、「もう観たよ!」と言産方は改めて「そうそう、こんなんだった!」と思い返して頂ければと思います。

またみる予定が無かった方も「面白そう!」と思ったら是非足を運んで頂ければと思います。

内容は時系列ではなく順不同ですので、なんとなく理解して貰えればと思います。

牛の肝臓を食べたい

はい、いきなり何かと思いますよね。

映画開始直後に銀ちゃん、新八、神楽の3人で前回の映画銀魂が高評価であったことに対して触れます。

菅田将暉が日本アカデミー賞を獲得したことに対して、銀ちゃんからは「あの歌とか歌ってるやつでしょ」と皮肉が。

新八は「菅田将暉、いい人ですよ!」とすかさずフォロー!

ここで話題は日本アカデミー賞に関して。

神楽が「アカデミー賞ってあれやろ?牛の膵臓を食べたい!やろ?」とw

銀ちゃんすかさず「いやいや君の膵臓を食べたいだから!」と。

「それじゃ普通に牛レバー食べてるだけ」とw

さらに神楽さんぶっこみます。

「小栗旬も頑張っているのに日本アカデミー賞かすりもしなかったね!」とw

ちょいちょい現実問題を織り交ぜてくるのが銀魂ならではです。

銀ちゃんが「アカデミー賞くれーーーー!!!」と叫んだと同時にいよいよ本編開始!

と思いきや、桂さんが変装してエリザベスと一緒に何たらダンスをして登場!

映画開始される前によく流れるあれです。

顔がビデオカメラの長身の人間で、no more 映画泥棒を歌ってるあれです。

桂さんがビデオカメラの被り物をしてエリザベスと踊っているのです。

ここで新八から「それはさっき上映したから早く本編始めろーー」でいよいよ本当に本編開始です。

万事屋としての誇は無いのか

男としての誇だったかな?ちょっと忘れちゃいました。

とりあえず家賃3か月分滞納していることでお登勢にいつものように詰められます。

「バイトしましょう。」と銀ちゃんを促す新八。

それに対して万事屋は人に頼まれて働く仕事だ。自ら仕事が無いのかと催促しにいくなんて出来ないと話は平行線。

ひとまず飯食ってから作戦を考えようという銀ちゃんの前に、お釜を持った神楽が登場。

何か美味しいおかずの空想でお米が進んでしまったらしく、5合炊いたご飯はすっかり綺麗に無くなっていました。

「急いでゴハン炊くある!」とその場からいなくなった神楽が空の米袋を持ってきて「誰かに食べられた!」と。

銀ちゃん・新八「お前だ!」

新八「やっぱりバイトしましょう!」

銀ちゃん「嫌だ」

土方が二次元好きのオタクに

伊東の手にハマり、ヘタレオタクになるチップを背中に埋め込まれた土方。

いつもの態度とは打って代わり、いつもなら簡単に切ってしまう侍に簡単に頭を下げたり命乞いをし始めます。

そしてついに真選組を解雇されてしまいます。

時々いつもの土方に戻れる=正気に戻れるのですが、いつもの土方に戻ったときにこれが最後なのが分かると。

つまり正気に戻れるのはこれが最後で、このままチップに支配されるのを確信したというのです。

そして土方は銀ちゃん達にお願いがあると言って土下座をします。

「俺たちの真選組を守ってくれ」と。

ここで銀ちゃんの表情が一変します。

いやーそれにしても土方演じる柳楽優弥は本当にハマリ役だと思います。

煙草を咥えながらよくもまぁあんなに普通に話せるなと。

落ちないように何か細工しているのかなとも思いましたが、実際どうなんでしょう。

一生懸命落ちないように頑張っているようにも見えます。

とにかく煙草を吸う柳楽優弥はイケメンです。

将軍がキャバクラと床屋にレッツゴー☆

将軍が民の暮らしが知りたいということで、堤真一演じる松平片栗虎がキャバクラを案内します。

しかし当日、そこのキャバクラで働く女の子が揃いもそろって体調不良で休み。

銀ちゃん・新八、神楽、桂さん、あやめがピンチヒッターでキャバ嬢として将軍を迎えることに。(無理がありすぎるw)

桂さんはエリザベスと一緒になぜがラップを披露し速攻でチェンジw

そして将軍様を交えた王様ゲームが始まります。

銀ちゃん・新八は将軍をうまく接待できれば多額の報酬が貰えると目論みますが、なかなか上手くいかず。

王様を引いた人の言う数字はことごとく将軍様にあたり、ふんどし一丁にされ、そのふんどしも脱がされ、画面上ではあそこがモザイク状態にw

極めつけは、フリ〇ンの状態の将軍様自らその状態でふんどしを買いに行く展開にw

接待どころかまさに恥かかせまくりの展開です。

将軍様の頭にゴールデンレトリーバーのうんこ

床屋の留守番を頼まれた万事屋。

そもそも美容師免許もないのになんで留守を頼まれるのかと問う銀ちゃんに、目のまえに人気の美容院ができて客はまず来ないから大丈夫だと言われているという新八。

そこに将軍様を連れた片栗虎が登場。

「まげを整えてほしい」とお願いする将軍様。

焦る3人。

「自分がやる」と神楽が将軍様の頭を丁寧に剃り始めます。

とても上手で銀ちゃんも新八も頼もしく見ていましたが、まさかの展開が。

なんと大事なマゲを綺麗に剃り落としたのです。

現実を受け止めきれない3人。

どうにか誤魔化そうと、神楽が将軍の頭に乗せたものは、外に落ちていたゴールデンレトリーバーのうんこ。

もちろんこれもモザイクでしたw

この場面はかなりウケましたw

近藤殺害計画も失敗に

伊東は土方を追い出し、近藤をも殺害し、自らが真選組の指揮官になるべく作戦を実行に移します。

箱根に向かう列車の中にいるのは伊東と伊東側についた真選組だらけで、近藤に勝ち目無しかと思いきや沖田さん登場。

土方側から伊東側に寝返ったかと思いきや、伊東と行動を探る為にあえて土方側を裏切ったように見せかけ伊東を騙していたのだ。

将軍の命が狙われる

実は高杉や万斉に利用されていた伊東。

真選組の全員を箱根列車で繰り広げられている近藤殺害計画に向かわせ、江戸が手薄になっているところ狙い、将軍様の殺害を計画していました。

片栗虎と万斉の一騎打ちかというところで銀ちゃん登場。

万斉と互角にやり合う銀ちゃん。

最終的に万斉はヘリで逃げ、銀ちゃんの勝利で終わります。

まぁそもそも将軍様殺害計画を事前に入手していた片栗虎は、事前に将軍様を既に箱根に逃がしていました。

伊東が本当に欲しかったもの

近藤を殺せず、そして実は自分も利用されていて殺されそうになるところを近藤たちに助けられた伊東。

伊東が本当に欲しかったものは富や名声なんかではなく、人との絆。

伊東には双子の兄がいたが、兄は身体が弱く、伊東が幼い頃にどんなに文武両道で頑張っても母親は兄につきっきりで伊東のことなど目に入っていなった。

なんでもできる伊東に対してよく思わない友達からはいじめられ、伊東は常に孤独だった。

それでも頑張れば母親に認めらると一生懸命頑張り、先生からは江戸に行けと言われる。

その報告に母親にしようとしたところ、兄の全てを伊東が奪ったと父親と話す母親の話を聞いてしまった伊東。

伊東は自分の過去を振り返り、自分が欲しかったものはすでにあったことに気がつき涙を流した。

まとめ

ザックリと内容をまとめてみました。

実際にはモザイク画面はまだまだあり、かなり笑えますw

まだ見ていない方は是非劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

そして昨年上映された「映画・銀魂」をまだ見ていない方は、先にそちらを見てから銀魂2を見たほうがより楽しめます。

映画・銀魂はU-NEXTで見ることができます。

31日間無料なので、見たあとに解約すればお金は一切にかかりません。

TSUTAYAでDVDレンタルする必要もありません。

登録はこちらから。



映画・銀魂を観るなら<U-NEXT>

またdocomoの動画配信サービスdTVでは8月18日より「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」が独占配信されます。

これも通常は540円かかりますが、初回登録は31日間無料!
銀魂2を見た方でもそうでない方でも楽しめる内容となっています。

もちろん見た後に解約しても大丈夫です。




【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

あっという間の2時間でした!
夏休みが終わってしまう前に学生さんは急げー!