生活

ドコモショップへの転職。求人誌には記載されていない裏情報暴露

ドコモショップで働いてみたいけど、求人誌には良いことしか書いてない場合がほとんど。
実際のところ携帯ショップでどうなの?仕事は過酷?人間関係は?お給料はいいの、悪いの?

はい、仕事は過酷です。人間関係はまずまず。お給料はどこの代理店、もしくは社員・派遣で働くかで違います。
なのでこの時点で「あ、ドコモショップやーめた!」と言う人はここで離脱しましょう。
これより先を読んでも時間の無駄なので、別の転職先を探す時間に当てましょう。
第二新卒・若手に強い転職サイト
いやいや、とりあえずどんなもんなのか見るだけ見てみたい!と言う人はこの先へゴー!

ドコモショップは何店舗あるの?

2017年現在、ドコモショップは全国に約2,400店舗を構えています。
そのうちの1/4を関東が占めており、スタッフ人数は全国で37,000名と言われています。

ドコモショップは代理店とドコモ直営店の2つを持っている?

ドコモショップはNTTドコモが全て経営しているのではなく、店舗のほとんどを代理店が経営しています。
ドコモはフランチャイズですので、携帯販売以外の事業も展開している別の会社がドコモショップを経営していることになるのです。
以前はドコモショップ直営店も存在していましたが、今は全て代理店の傘下に置かれています。
なのでドコモ直営店ではありませんが、NTTドコモが100%出資している会社がいくつかあり、しいて言えばそこが直営店に近しい会社かもしれません。
実際に代理店とドコモショップ直営店で大きな違いはなく、代理店によって健康保険組合が変わってきたり福利厚生なども変わってきます。

勤務する上で以外と重要なのがこのどこの代理店が運営しているドコモショップで働くかになります。

代理店によって給与や福利厚生に差がある

私は2つの代理店を経験しているのですが、代理店によって同じドコモショップの運営にも関わらず、運営方針が丸っきり違いました。
最初に勤務していた代理店は3年半ほど務めたですが、とにかく顧客情報の扱いには厳しく、何かと管理ファイルがあり、1つ書類を出すにも責任者のチェックや、二者確認などが必要でした。
何か間違えるとすぐに始末書の記入があったり、勤務中は常に気を張っていたように思います。

ただスタッフ間の仲は良く、やはりESが良いと店舗の成績も良かったです。
スタッフ間のコミュニケーションがしっかり計れている店舗は必然的に成績も良く、普段の仕事内容はとてもハードでしたが、とても楽しくやることが出来ていました。

その一方、私のプライベートに変化があり、最初に務めていた代理店を辞め別の代理店で勤務することにしたのですが、びっくりするくらいゆるゆるでした。
ゆるゆるっていうのは、とにかくお客様応対や獲得に対する意識、情報の扱い方など本当にこの店大丈夫なの?!ってくらいほんわかしていたんです。

今思えば、最初の代理店が厳し過ぎたんじゃないかとも思いますが、同じドコモショップを運営するでも代理店によってこうも変わってくるものなんだなという印象を受けました。
個人的には最初に厳しいショップで働いていた分、そのあとのショップでの仕事がとても楽に感じましたし、以前のショップでの良かった店を今の店舗にも展開できたので評価も高かったです。

少し話が逸れましたが、代理店によって店の雰囲気もガラっと変わってくるので、出来ればお客さんの振りして直接ショップに訪れてみるのも良いかも知れません。
そこでしっかりスタッフ間でコミュニケーションは取れているか、個人情報はぞんざいに扱われていないか、お客様に対してしっかり接客できているかなどもチェックしてみると良いかもしれません。

ここまで読んで「うーん自分には合わなそう。」と思った人。
職場は人生を左右します。
今持っている自分の感性を大事にしましょう。
あなたにピッタリの転職先は第二新卒・若手に強い転職サイト
で見つけてね。

ドコモショップは地域によって給与は違うのか

地域もそうですが、どこの代理店に勤めるかによっても変わってきます。
やはり関東圏内の基本給のほうが、地方の基本給よりも少し高いようです。
また、代理店よって賞与の有無、また賞与の回数なども変わってきます。

ドコモショップであればどこも同じ給与ではないので、もし働くことを検討しているのであれば、必ず事前に求人サイトで給与や待遇の差の違いなどを比較するようにしましょう。
ドコモショップを多く持つ代理店で有名なのは、株式会社ティーガイア、ITX株式会社、コネクシオ株式会社などです。

この3社は規模が大きく、ショップを持っている数も他の代理店よりも多くなりますので、その分ドコモショップ運営に対するノウハウもしっかりとしています。
しかし雇用人数が多い分、正社員ではなく契約社員の募集もしていますので、正社員と契約社員では給与はもちろんその他の福利厚生などでも違いがある場合があります。

大手の代理店で安定感を求めるのか、小さな代理店で正社員として働きたいのか、しっかり自分の中で固めてから決めるようにしたほうが良いです。

ドコモショップの業務内容

基本は窓口応対がメインのお仕事になります。
実際にどのような業務があるのか細かく説明していきます。

  • カウンター受付
  • 新規契約や機種変更などの提案
  • 相談最新機種の説明料金
  • プランの見直しやご提案
  • ガラケーやスマホの操作案内
  • SIMロック解除手続き
  • 故障手続き
  • 店内ディスプレイ
  • ツール発注

その他にも出納や故障預かり機種の処理等、クレーム対応など業務内容は多々ありますが、それらは一定年数働いているスタッフ、もしくは責任者の仕事になります。
手続きの際には顧客情報管理システムと言われている専用端末「ALADIN(読み:アラジン)」に入力していきます。

入社して3カ月ほどは先輩スタッフが一緒についてくれ、最初は先輩が受付する作業を後ろでみながら覚え、時にサポートしてきます。
先輩の言い回しなどをメモし、実際には「習うより慣れろ」ですので、一番簡単な料金の支払いから行っていきます。
料金の支払いが出来たら次は単品販売、それも出来たらプラン変更、住所変更、解約など少しづつ出来る業務内容を増やしていきます。

ドコモショップにノルマはあるのか

ドコモショップには毎月、ドコモからの指標を達成させるための項目がいくつかあります。
達成出来ないからと言って給与が下がったりすることはありませんが、ショップを運営していくための営業支援費などの額が下がるため、ショップ独自で打つ施策にお金が回せなかったり、スタッフへの還元などが少なくなってきます。

また指標の順位は常に社内の専用PCより最新情報収集が確認できるようになっているため、順位があまり宜しくないと上がさらに上からチクチク言われてしまいます。
なのでお店の目標を達成するために、1人この項目は月で何件取っていこう!などの目標立ては必ずあります。
これはドコモショップに限らず、どんな職種でもある程度のノルマはあるので普通のことだとは思いますが、ドコモショップの窓口業務はお客様の申告通りに手続きをするだけではありません。

手続きをしながら登録されているマイショップを自店舗に変更したり、無料のポイントカードをお勧めしたりと、ちゃっかり営業っぽいこともやります。
『ドコモショップの窓口って役所みたいな窓口業務かと思ったら違うじゃん!』みたいなことに入社してからならないように、ある程度の営業があることも理解しておいたほうが良いです。

営業が絶対的にNGならドコモショップで長く働くのは難しいです。
恐らく途中で心が折れます。

営業やノルマに縛られたくない職場探しは第二新卒・若手に強い転職サイト

ドコモショップの給与UPの仕方

ドコモショップでは、基本給以外にも社内の資格を取得することで給与をアップさせることができます。

  1. 社内資格に合格する
  2. 社内、もしくは店舗独自のコンテストに入賞する

社内資格に合格

1つ目の資格についてですが、ドコモでは資格を取ることで資格手当が毎月支給されるようになり、全ての資格を取得することで年収をなんと最大60万円前後引き上げることが可能です。

資格は昔からもあるものや、廃止されたもの、最近導入されたものがありますが、現時点では(2018年1月現在)以下の資格に落ち着いています。

営業資格

資格名    プレマイスター

受験目安時期 入社3~6カ月

難易度    ☆☆☆☆★

資格手当額  5,000円以上

入社して一番最初に受けることができる資格です。

プレマイスターは筆記試験のみになります。

今は社内専用の対策サイトで勉強していればまず落ちません。

昔は専用サイトだけではなくカタログの細かい文字のところまでしっかり目を通さないと、よっぽど携帯が好きで最初から知識がある人でないと受かりませんでした。

私も新人の頃、上司に「落ちた人いないから大丈夫だよー」なんて言われ安心しきっており、試験を受ける当日に隣に座っていた優しい別店舗のスタッフが過去問を見せてくくれたのですが、目を通したら専用サイトには出題されていない問題ばかり。

「上司のばかやろー」と心で叫びながら慌てて覚えた過去があります。

資格名    マイスター

受験目安時期 入社6ヵ月~1年半

難易度    ☆☆★★★

資格手当額  15,000円以上

マイスターになると、難易度が上がります。

難易度が上がる理由としては、プレマイスターは筆記のみでしたが、ここに実技が追加されます。

実技とは、実際の応対のロールプレイングのことになります。

お客様にドコモのオススメのサービスの価値提案をしていくものになります。

ポイントはFABE分析(Feature Advantege Benefit Evidense)を意識した応対が出来ているかです。

Feature(特徴)Advantege(優位性)Benefit(顧客便益)Evidense(証拠)の4つを意識した応対ができているかが合否の分かれ道となります。

プレマイスターの難易度が下がったせいか、マイスターの合格率は昔に比べて下がったように感じます。

ただマイスターの段階ではオススメするサービスは自分で決められ、基本お客様は受け身のスタンスなので、試験前に話すことを丸暗記しておけば大丈夫なはずです。

試験前に自分で考えたFABEに問題がないか、マイスター合格者や責任者に確認してもらうようにしましょう。

資格名    グランマイスター

受験目安時期 入社1年半~3年

難易度    ☆☆★★★

資格手当額  30,000円以上

試験科目はマイスターと同様、筆記と実技の2つになります。

ここでの実技はマイスターのFABEの応用編に追加して、山型提案というものを含めた応対が必要になってきます。

事前にお客様が書いた問診票から状況やニーズ把握をし、お客様にあったオリジナルの提案力が必要になってきます。

またマイスターでは受け身であったお客様も、攻めの姿勢へとチェンジ。

一通りFABE提案をし、「お客様に大変おすすめなのですがいかがですか?」と言ってもいらないと言われてしまいます。

そうですか、とここで終わらせてはならず、さらに問診票から他のニーズを探り、深堀しながら再度サービスの提案をしていきます。

受験目安時期1年半~3年と書きましたが、経験者5年目のスタッフでもなかなか受からない難関試験となっています。

資格名    フロントスペシャリスト

受験目安時期 入社3年以上

難易度    ★★★★★

資格手当額  50,000円以上

一番難関と言われている資格になります。

試験項目は筆記、論文、後輩指導、朝礼周知の4つになります。

私がフロスペを受験したときはまだ朝礼周知が入っていない3つのときでした。

マイスター、グランマイスターもそうですか、試験は年々難しくなっているようです。

フロントスペシャリストに至っては6%の合格率と言われています。

因みにマイスター、グランマイスターは実技が落ちても筆記が受かっていれば、再受験の際の筆記試験は免除されるのですが、フロントスペシャリストは全て同日に合格しなければなりません。

これも合格率が低い理由の1つとなります。

しっかり対策して何度もロールプレイングの練習をし固めて試験に臨む必要があります。

その他にもコンサルティングマネージャーや、テクニカルアドバイザーなどの試験もあり、こちらも取得することでさらに給与のベースアップをすることが出来ます。

またドコモショップで一度取った資格は、別の代理店に異動しても継続できるため、取っておいて損はありません。

 社内、もしくは店舗独自のコンテストに入賞

2つ目のコンテストですが、これにはいくつか種類があり、全国のドコモショップ向けのコンテストや支店内コンテスト、 または店舗内だけで競うコンテストなど様々なものがあります。

個人的には店舗向けのコンテストよりも個人向けのコンテストにはとても力が入りましたし、やりがいを感じました。

店舗向けのコンテストだと、例えばタブレットの売り上げ台数が月100台以上であれば20万円の副賞が貰えたします。

これを全国のドコモショップ、もしくは支店内のドコモショップで競うのですが、入賞した際の副賞は、店舗内の施策運営費に活用されたり、社内のレクリエーションの際に利用します。

コンテストに入賞する回数多ければ多いほど、運営費に余裕ができるので忘年会などの食事がちょっと豪華になったりします。

個人向けコンテストだと、入賞できれば賞金は全て自分のものになります。

副賞が現金ってことはありませんので、商品券か社内専用サイトで使えるハッピーポイントが貰えるのですが、1度の入賞で10,000円~30,000円分の商品券を貰うこともありました。

また商品券が貰えるのはもちろん嬉しいのですが、何万人というショップスタッフの中で自分が一桁の順位に入れたときも、とても自信に繋がります。

というように、コンテストは常に何かしらやっているので、まじめにコツコツ取り組めば1年で10万円相当の商品券などが貰えます。

月に1万の給与アップがとても難しい現代で、年10万円相当のボーナスが貰えるのはとても魅力的です。

ドコモショップで働いて辛かったこと

 帰りが遅い

これは代理店によって違うと思うので私が経験した一例ですが、ショップはとにかく拘束時間が長いです。

基本は勤務時間帯7.5時間の休憩1時間で計8.5時間の拘束と契約上はなっているのですが、実際は中々定時で上がることは出来ず、残業2.3時間は当たり前です。

クレーム対応

お客様にもいろいろ方がいます。

中にはちょっとしたことにいちゃもん付けてきて怒号を浴びることもあります。

内心は納得いかなくとも、お客様の前では表情には出さず、誠心誠意対応する必要があります。

これが辛くて辞めてしまう人もいますが、慣れてくるとサラーっと受け流すことができるようにもなります。

一つ一つ真に受けて傷ついていたら仕事になりません。

お客様も関係の無い普段のストレスを交えて言っている方もいるので、あまり気にせず淡々とこなすことも時には必要です。

ドコモショップで働いて楽しかったこと

お客様に感謝されたとき

この前の出来事ですが、iPhoneを利用されているお客様がmy docomoにログインできなくなってしまったと来店されました。

どうやら安室ちゃんのチケットを申し込むのにdアカウントを作ってから、ログイン出来なくなってしまったとのことでした。

手続き自体は難しいものではなく、すぐに終わる内容だったのですがなぜか何度やってもエラーになってしまい、結果的に40分ほどかかってしまいました。

お客様はありがとうと言って帰られましたが、気持ち的には『もう少し早く終わらせてあげたかったな』と少し心残りがあった手続きだったのです。

その1ヶ月後くらいでしょうか?

お客様の応対をカウンターでしていると、隣のカウンターから熱い視線を送ってくるお客様が。

そこには前回応対させて頂いたお客様がいました。

お客様は開口一番『この前はありがとうございました。実は安室ちゃんのチケット当選したんです!次ドコモショップに行ったときに絶対お姉さんに伝えようと思って!』と少し興奮気味に教えて下さいました。

安室ちゃんのチケットが当選したからこそだとではありますが、それでも結果としてお客様に喜んでもらえるのは、接客業があまり好きではない私でも嬉しかったことを覚えています。

個人目標や店舗の目標が達成できたとき

上記の総合指標の順位を毎月競うわけですが、やはり目標をクリア出来たときの達成感は何度経験しても気持ち良いものです。

お店の目標を達成するために、それぞれの項目に対していろいろと戦略を立てるのですが、ある程度経験を積んでくると、こういうストーリー立てをすることでドコモ光を契約してもらえるんじゃないか?タブレットを買って貰えるんじゃないか?と案が出てきます。

それを精査し、実際に効果として現れたとき達成感は何度味わっても嬉しいものです。

また、誰かが獲得できたらそれに対して『◯◯さん、ありがとー!』『いいよー!』などインカムで賞賛の声を送り合ったりするので、みんなで頑張っているんだ!という仲間意識も感じることができます。

新人の頃は何がなんだか分からず言われるがままの状態ですが、新人だからこそ真っ直ぐな気持ちでお客様と向き合うことが出来る分、お客様アンケートでは良い声を頂くことが多く、それも数値として評価されます。

ただなんとなく一日を過ごすよりも、みんなで常に試行錯誤しながらの接客は大変でしたがその分やり甲斐を強く感じることができます。

 ドコモショップで働くメリット

安く携帯が手に入る

他の会社でもそうだと思いますが、社割適用されるため通常に購入するよりも安く手に入れることが出来ます。

また代理店によっては、新機種を抽選で何十から何百名にプレゼントする超太っ腹な施策もやっています。

新機種が無料で手に入る上に、場合によってはその機種の月々サポートまでがっつり適用できたときもあったようです。

携帯に関しての知識に強くなる

嫌でも携帯の知識に強くなります。

電車に乗っていると、今でこそiPhoneユーザーがAndroidユーザーやガラケーユーザーよりも増えてしまったのと、ケースの種類が豊富になってしまった為、パッと見では分かりませんが、少し前まではAndroid機種であれば型番が即座に頭に浮かぶ程でした。

また故障と思われがちな症状も、何百回と故障受付を繰り返しいるうちに治し方も頭に入ってしまうため、ハードの故障なのか、ソフトの問題なのかもすぐに切り分けができるようになります。

情報がいち早く入る

もちろん内部で知り得た機密情報は厳守

しかし残念なことに、毎年コンプライアンスに関しての研修を受けてるのにも関わらず、ペラペラしゃべってしまうかたたちがいます。

ドコモショップで働くデメリット

シフト制の為、社内スタッフと複数人で遊ぶに行くことが難しい

ドコモショップは店舗にもよりますが、月1回の定休日と、年始1/1以外は営業していますので、出勤人数にバラつきが出ないように調整されています。

同じ日に何人ものスタッフが希望休を出してしまうと、その日の出勤人数が足らずに店舗が回らなくなってしまう可能性があります。

新しい携帯を当日に購入することが出来ない

新機種は働いているショップ店員が優先なんでしょ?とたまに聞かれたことがありますが、全くそんなことはありません。

基本お客様優先ですので、どうしても当日に欲しい場合には休みを取って店舗に足を運ぶか、ドコモオンラインショップで予約をする必要があります。

男性はスーツは全て自前

女性はストッキング以外、全て会社から支給されるのですが、残念ながら男性は仕事で必要になるスーツや靴、ワイシャツやネクタイなど全て自腹になります。

以前、この件に関して改善するべきではないか?との議題があがったようですが、今のところ改善される見込みはなさそうです。

年末年始も出勤

休めないというと少し語弊があるかもしれませんが、年末年始に希望休みを出すことで別のスタッフが出勤することになります。

なので休めてせいぜい2連休程度です。

もしくは年末年始フル出勤して、そのあと連休もらう手もありだと思います。

また年末年始は時短営業の上、代理店によっては年末年始手当も貰えるので、これは人によって嬉しい特典だったりします。

ただ私が勤めていた代理店では子持ちのスタッフなどはその辺は優遇されていたようです。

ドコモショップ経験者の次の転職先

ドコモショップを経験者の次の就職先の7割はドコモ関係と言われています。

やはりドコモショップ経験者というだけで、ドコモ内部のことを既にいろいろと知り尽くしてい分、即戦力あると評価してくれますので、雇用する側も採用しやすくなります。

また働く側もまた未経験の仕事を一から覚えることなく、ドコモショップで培った知識や経験を生かせるので、新しい職場でもすぐに仕事が覚えられます。

またドコモショップ経験者が多い分、共通点が多い分すぐに馴染めますので、人間関係も良好なことが多いです。

因みにドコモ関係の仕事と言うのは、例えばコールセンターや法人担当、お客様の声を集める事務作業などなどです。

因みにこういった仕事の求人は社員でも募集はあまり見かけることはなく、派遣社員や契約社員で募集していることがほとんどです。

まとめ

ドコモショップは一見華やかな職業に見えるかもしれませんが、実はいろいろとやることの多い重労働な職場です。
しかし大変な中にもやりがいや達成感、日々の充実感を感じることができます。

また先ほどもお仕えしましたが、ドコモ関係の仕事の中にはドコモショップ経験者のみ受付しているものもあります。
それだけドコモショップ経験者は、いずれまた転職することがあっても評価されやすい仕事になります。

もしドコモショップへの転職を検討いるのであれば、一度最寄りのドコモショップに寄って、接客や雰囲気などを感じ取ってみて下さい。

敢えて厳しいことをたくさん書きましたが、どこの職場でも楽な会社はありません。
ドコモショップは向上意欲のある人・接客が好きな人にはピッタリの職場です。
ドコモショップへの転職を希望・検討し始めたひとは第二新卒・若手に強い転職サイト
で要チェケラ~!


www.tokumana.com

www.tokumana.com

www.tokumana.com

www.tokumana.com