未分類

ドメインパワーが弱くても質が良ければ上位表示は可能




ちゃんころ(@cyanco_)です。

 

ブログを始めたばかりの頃って、記事を書けども書けどもなかなか人に見られることがなく、まるで無人島に手紙を送っているような気分になりませんか?

 

グーグルアナリティクスで確認しても、twitter経由で優しいフォロワーさんが数名見てくれたであろう2.3程度のpvがあるだけで、googleやYahoo!からの検索流入は常に0を表示しています。

 

こんな状態で、果たして本当にブログで生計を立てることなんて出来るのだろうか?

 

そんな疑問を抱いていたときに、ある記事がgoogle、Yahoo!から検索流入が急に増え、その記事だけで1日30pv稼いでくれるようになりました。

 

googleで実際に狙ったワードを調べてみると、2語以上の複合ワードではないのにも関わらず、1ページ目に表示されていたのです。

 

しかも上から2番目の表示です。

まさかの検索順位2位の地位を築いていたのです。

 

検索者のニーズを掴んだ記事であれば、例えブログを始めたばかりの初心者ブロガーでもpvは集められることを証明することが出来ました。

 

実際にどんな内容を書いたことで初心者ブロガーの記事がgoogleで上位表示されたのかを分析、説明していきます。

 

 




他の記事との差別化

実際に私が書いた記事がこちら

 

www.tokumana.com

 

です。

 

読んで頂けると分かるのですが、レーザーフェイシャルの説明と体験談が半々の内容で書かれています。

 

1位の記事を見てみると、レーザーフェイシャルに関してとても丁寧に分かりやすく書かれています。

 

レーザーフェイシャルについて知りたい。レーザーフェイシャルにどんな効果があるのか。メリット、デメリットは?金額はいくらなのか?などとても詳細に書かれている記事です。

 

なのでレーザーフェイシャルは何なのか、1つの記事で理解したいのであれば、内容を全て網羅しており1番纏まっている1位の記事だけで十分なはずです。

 

しかし、1位の記事は体験談に関してはノータッチです。

 

実際にレーザーフェイシャルの施術を受けてどうだったのか?本当に効果はあったのか?施術はどのような手順で行いどれくらいの時間がかかるのかを知りたい場合には、1位の記事を見るだけでは分かりません。

 

ここで私の記事が生きてきます。

 

私の記事はレーザーフェイシャルについての説明についての部分は、どの記事を見ても書いてあるような内容や、実際にレーザーフェイシャルの施術を施術している美容皮膚科の公式HPから一部を引用したものなので、特段他と違いはありません。

 

しかし、レーザーフェイシャルの体験談は体験したその人しか書けない内容です。

 

実際にレーザーフェイシャルを体験してみてどうだったのか、本当に効果はあるのか、どのような手順で行い、どれくらいの時間が必要なのかは、ネット情報をリサーチして書いただけの内容よりも、実体験を書いたほうが読んでくれるひとにとっては信頼度が高くなるはずです。

 

例えば新しい洗濯機を買おうとしたとき、今ってまずはその買おうとしている冷蔵庫の情報をネットで調べますよね?

 

冷蔵庫のスペックを知りたい場合には、今回で言うとレーザーフェイシャルと調べると1位表示される記事が、その人にとって1番必要性のある記事になります。

 

そしてスペックが理解できたら、次に実際にその冷蔵庫の使用者の本音を聞きたくなるはずです。

 

所謂口コミですね。

 

スペックはとても良いけど、本当なんだろうか?

実はこういうところが使い勝手がよろしくない、調べた内容とここはちょっと違うなど何かデメリットは無いのだろうと調べようと思うはずです。

 

その時に私が書いた様な濃厚な体験談が必要になってくるはずです。

 

私は実際に自分が体験することで、リサーチだけでは分からない生の声を生かした記事を作ることで、他の記事との差別化を図りました。

 

 

体験談は強い

よく読まれるブログの書き方を説明している記事でも必ず書いてあることがあります。

 

その中の1つが「体験談を書く」ことです。

 

誰かの体験談はリサーチして調べることはできますので、「こんな体験談があるよ」と記事に書くことは可能です。

 

しかし誰かの体験談は必ずしも自分が求めてる体験談でない場合もあります。

 

レーザーフェイシャルの施術を受けた直後の体験談は書いてあるけど、その3日後の肌状態はどうなのか、どれくらい継続することで効果が定着するのか、深掘りされた記事を書きたくても、自分が実際に体験したわけでは無いのでリサーチして出てこない限りは書きようがありません。

 

しかし、自分が実際に体験していれば話は別です。

 

体験談の主役は自分です。

 

自分が施術を受けてみてどうだったのか、何を感じたのか、効果はあったのか無かったのか、値段相応の価値がレーザーフェイシャルにあるのか、自分か思ったこと感じたことが全てが体験談になります。

 

自分が体験した内容は自分にしか書くことが出来ません。

 

まさにそれがオンリーワンな記事になります。

 

Yahoo!知恵袋でレーザーフェイシャルのキーワードを調べてみると、ほとんどの質問がレーザーフェイシャルの施術内容や効果では無く、実際に体験してみてどうだったのか教えて欲しいと言うものばかりです。

 

キーワードの意味は少し調べれば簡単に出てきます。

 

それも公式HPよりも分かりやすい言葉で説明してくれている記事がたくさんあります。

 

しかし体験談だけは別です。

 

いくらキーワードの知識があっても、キーワードの知識が全くないひとが実際に体験した生の声には勝てません。

 

 

デメリットも正直に書くことがより信頼度をアップさせる

例えば何か商品を売ろうとしている広告主が、わざわざ商品の価値を落とすようなデメリットを商品の説明に加えるでしょうか?

 

大抵は「この商品にはこんなことができて、あんなこもできる。さらには◯◯だって出来てしまう、とっても便利な商品です!」とピーアールをしているはずです。

 

デメリットはあっても隠されていることが多いのです。

 

しかし消費者はそこに気がついています。

 

誰でも一度は「口コミ」というキーワードで検索したことってありますよね?

 

「本当のところその商品ってどうなの?」と疑いを持っているからです。

 

高い商品であればあるほど、人は簡単に購入の判断を下さず、何度も何度も購入しようとしている商品のリサーチをするはずです。

 

メリットとデメリット、両方しっかりと理解した上で購入の判断を下すのです。

 

なので公式サイトよりも、一般の人が書いた記事から商品が購入されることって思っているよりも多いと思うんですよね。

 

自分も振り返ってみれば、なんとなくネットサーフィンしていたら、気になる記事を見つけて、「こんな商品あったんだ!いいじゃん!」 とそのままポチってしまうことってあるんですよね。

 

自分でも気づかないうちに記事に惹きつけられちゃったりしてるんです。

自分の中で納得出来れば、公式サイトからで無くても商品って売れちゃうんでしょうねきっと。

 

まとめ

せっかく良い記事がかけてもドメインパワーの弱い記事はなかなか簡単には上位表示されにくいです。

 

ただ私のように、書いた記事を暫く放置しておくことで複合キーワードはおろか、単一キーワードでも上位表示される場合もあることがわかりました。

 

初心者だからと最初から諦めずに、体験談を盛り込んだ質の良い記事を書くことで、初心のでも上位表示は十分に可能だと思います。(そうであってほしい!)

 

また体験談の記事は、リサーチする時間を省ける分早く執筆することが出来ます。

 

ブログ継続のモチベーション維持のためにも、是非体験談を盛り込んだ記事を書いてみてはいかがでしょうか。