生活

オキシクリーンで水垢汚れをごっそり排除。お風呂用の椅子が新品同様に生まれ変わる。





突然ですが、お風呂用品ってみなさんどれくらいの頻度で掃除していますか?

私は湯おけと手おけはお風呂を掃除する際に一緒に洗っているので、基本毎日掃除できているのですが、その他のバス用品ってなかなか洗うタイミングが無く、気が付いたらめちゃくちゃ汚れている・・・なんて状態なんです。

実は先日コストコで、「漬け置き洗い」で有名な外国版のオキシクリーンを購入してきました。

コストコってなんでもビッグサイズで、もちろん購入したオキシクリーンも4.99㎏と米5㎏と同量の重さ!

車から家に運ぶわずかな距離でも腰が砕けるかと思いました。汗

と言うことで今回はバス用品をオキシ漬けすることで、どれくらい汚れを落とすことが出来るのかを写真付きで紹介していきます。

めちゃくちゃ汚いので、覚悟を決めて進めて下さいね。笑




1.3年間洗われることのなかったお風呂場の椅子

じゃじゃん!!

f:id:tokumana:20180204120539j:plain

き、きたない。キタナスギル!!!

水垢がビッシリこびり付いています。

「よくこんなきったない椅子に何とも思わずお風呂入ってたな」と言う外野の声は無視します!(どーんっ!)

都度掃除していればここまで汚れることも無かったんでしょうけども、ここまで汚れるとお風呂の掃除用のスポンジでゴシゴシしてもちっちも剥がれ落ちる気配ゼロです。

無敵の激落ちくんでも挑戦してみましたが、結果は一緒でまるで「今さら俺(水垢)のこと排除しようとしてんの?無理だからwww」と嘲笑われているかのようです。

ここはもう最後の救世主、その名も「オキシクリーン!!」に頼むしかありません。

なんせこのオキシクリーンは我が家のおぞましい程に黄ばんだ枕カバーは、まるで新品と見間違える程に汚れを一掃してくれたのです。

その際の記事はこちらです。

www.tokumana.com

ということで今回も頼みますよ、オキシクリーン!

2.オキシクリーン漬けで水垢を取る方法

2-1.用意するもの

昨夜の残ったお風呂のお湯

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

ゴム手袋

2-2.オキシクリーン漬けの手順

昨日の残り湯を50~60℃になるように追い炊きする

200Lのお湯に対して付属スプーン3~5杯程度

手桶(ておけ)でじゃぶじゃぶかき混ぜる

水垢のついたお風呂椅子を投入

一晩放置

3.お風呂用品のオキシ漬けのポイント

 3‐1.残り湯を使う

お風呂の残り湯を使うことで水の節約になります。

しかしオキシクリーンは50〜60℃のお湯でしっかり粉末を溶かしきることがポイントです。

追い炊きをすることである程度粉末は拡散されますのが、追い炊きだけでは粉末全量を溶かしきることは難しいので、手桶でかきまぜ残りのオキシクリーンもしっかり溶かしきりましょう。

オキシクリーンの主成分は過炭酸ナトリウムであり、pHが10.5と濃度の濃いアルカリ性となります。

濃度の濃いアルカリ性の中に直接皮膚が触れるのはあまり好ましくありませんので、ゴム手袋などをして直接皮膚にオキシクリーンが触れないように注意しながら拡散させましょう。

手桶で拡散させるのが大変な方は、残り湯は一度捨て、先にオキシクリーンをお風呂に入れた状態でお湯をつぎ足ししていきましょう。

お湯が出てくる水圧でオキシクリーンを拡散させてくれます。

3‐2.付属スプーン5杯強

f:id:tokumana:20180204120609j:plain

家庭のお風呂のサイズによっても異なりますが、200Lのお湯に付属スプーン3~5杯程度が目安と言われています。

今回の場合、かなり頑固な水垢であること、また他のお風呂用品も一緒にまとめてオキシ漬けするので、多めの5杯強入れました。

オキシクリーンの量は汚れを落とす強さにも匹敵するので、オキシ漬けする物が多かったり、強烈な汚れには多めにオキシクリーンを入れる必要があります。

3‐3.漬け置き時間は長めにとる

枕カバーや靴などと違ってお風呂用品のオキシ漬けをする際は、放置時間もできれば長めにとりたいところです。

昼間にオキシ漬けをしてしまうと夜にお風呂に入れなくなってしまうので、夜にやることをおススメします。

4.オキシ漬けしたお風呂用イスのビフォー&アフター

では実際に一晩放置されたお風呂椅子はどうなったのでしょうか?

f:id:tokumana:20180204120539j:plain

これが

f:id:tokumana:20180204120719j:plain

これに!!

しゅ、しゅごい!しゅごしゅぎる!!

これただ漬けていたお風呂用イスを取り上げてサッとシャワーをかけただけの状態です。

その後は一切手を加えておりません。

あの頑固な水垢が驚く程綺麗になっているではありませんか!

あまりの感動に親に写真を送ろうと思ったのですが、それよりもビフォー写真に突っ込みが入れられそうだったので、そっとラインを閉じました。笑

因みによく見ると左側の底のほうは僅かに汚れが残っているのですが、ここはオキシ漬けする前はビクともしなかった激落ちくんを再度試したところ、軽く擦るだけで綺麗に残りの水垢汚れを落とすことができました。

5.オキシクリーンは数年放置された頑固な水垢も落とす

前回の枕カバーのように新品同様にまではいきませんでしたが、それでも普通のスポンジでゴシゴシしただけでは絶対に落ちない頑固な水垢汚れが、一晩オキシ漬けにし、あとは軽く激落ちくんで擦るだけで見違えるほど綺麗になりました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、実はお風呂椅子の内側もかなりビッシリ汚れていたのですが、そちらも綺麗さっぱり水垢汚れは落ちていました。

浴槽を使ったオキシ漬けのポイントは「残り湯を使う」「付属スプーン5杯強」「一晩放置」の3つです。

また漬け置きしたお風呂用品だけでなく、バスタブ自体もとても綺麗になるのでまさに一石二鳥です。

靴や衣類と違い物の体積が大きいため、なかなか体力も使いますので頻繁にはできませんので、「よし、今日はやるぞ!」と意気込んでから始めて下さいね。

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤

OXICLEAN(オキシクリーン) STAINREMOVER 4.98kg シミ取り 漂白剤